スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

言伝(ことづて)

以前に告知した へい太さんの朗読会に行きました。



例によって、家を出遅れて、遅れて到着。

1番に出演したへい太さんの出番はとっくに終わってました

ごめんなさい



会場の吉備路文学館へは、初めて行きました。

2階に上がると、思った以上にたくさんのお客さん。



ネットで生中継、ツイッターも。



朗読する人たちは、初老の男性、若い女性、教員風のおばさん、主婦、学生・・・

様々な年齢や職業、性別、

大阪から青春18切符できた女性、

富山から5時間かけて来ている人もいました。



すぐにレッドカーペットに出られそうな人。

セーラー服は衣装らしく、

髪振り乱し歌って踊る熱演でした。



本物の女子高生はへい太さんのおじょうさん。

恋の詩に、どぎまぎする父へい太さんがおかしかった。



休憩時間には、へい太さんが、まこりんソロの告知をしてくださいました。



ありがとうございますm(__)m



特別ゲストのドリアン助川さん。

19世紀のフランスの詩人アルチュール・ランボーの詩と人となりについて熱く語られました。

初めて聴く話は新鮮でした。

「詩は書くものでなく生きるもの」だそうです。





英語の詩?は新鮮だったな。

ちょーおもしろかった。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かじゅん

Author:かじゅん
現代詩を歌うユニットDiVaの応援団 DiVaしらかべ応援隊 隊長。
白壁の街で、盛り上がってます♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。