スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

此の音 彼の音

先日紹介したVIPちゃん出演のコンサート

行ってきました!

オカリーナをきちんと聴くのは初めてです



家から10分と近いのをいいことにゆっくり行ったら、

会場の「きよね夢てらす」は予想をはるかに上回るお客さんでいっぱい。



1階席はぎっしりで、2階に上がりました。

が、2階も最前列はすでにいっぱい。

仕方ないので、写真を撮ったりしていたら・・・



(こちらはステージの裏側。ここもそのうち人があふれました。)

ステージ正面の前の方に、1つだけ空席を発見



急いで移動して席を確保

こういうとき、1人はいい



さて、客席はかなり年配の方が多く、

私の後ろもご近所のおじいさんといった感じの方達が開演直前までフランクに話をしていて、

正直なところ、大丈夫かいな?と心配しながら開演を迎えました。

が、余計なお世話でした。



最初の曲の最初の音で、オカリーナの響きがホールに満ち、一瞬にして、さっきまでとは異空間。

皆さん食い入るように聞かれ

息をつめて聴きいるようすや曲によってはほほえむように空気がゆるむ感じなど伝わってきました。



このホール、以前にピアノのリサイタルに行ったことがあり、よく響くことは知っていたけれど、

手のひらにおさまる小さなオカリーナの響きがホール中に広がって、

グランドピアノのふたをあけて、チェロの通奏低音も入っても負けない音量にはびっくりしました。

キラキラ輝くような音色も素晴らしかった。



自作の曲やアレンジも美しく、至福の時間を過ごし、本当に癒されました。

満員のお客様も、皆さん満足されたご様子でした。



コンサートに行くと、

純粋に音楽を聴いて楽しむのはもちろんだけど、

ついつい演奏者とか演出者として聴いたり見たりしてしまう私。

「こんな演出もあったのか!」とか「私だったらここはこうするかな?」とかf;^-^)

とっても勉強になるし、おもしろい・・・

音楽そのものの楽しみ方としてはどうなのかとも思うけどね。



最近あちこちで思うのは「見せる=魅せる」ということ。

今回は、後ろに活けてあった大きなお花と台の上の小さなお花、

それらとよく合う出演者の衣装にいきなり「魅せられ」ました。

ホール全体の雰囲気を作り出していて、お見事でした!

二部の衣装は着物を手作りで仕立て直したそうで・・・

光ファイバーでできた螢の登場は幻想的でした。



そのつながりで北海道で演奏会をするそうです。



帰りに外でVIPちゃんのご主人を発見!

ご挨拶して素晴らしい演奏会のお礼を言ったら、

「エンジン全開って感じで、張り切ってますよ」と。

い~な、い~な。

私も、もう何年かしたら、もっと自分の時間ができるかな



思った以上の素敵なコンサート、疲れも吹き飛ぶ幸せな時間でした。

  



「近くであるからよかったら行ってみてね」とチラシを渡しておいた同僚のKさん。

律儀に来てくれていました。

開演間近に見かけたけれど、あまりの人の多さに身動きとれず、声もかけられなかった。

ありがとうね。

集客1名、協力させていただきました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かじゅん

Author:かじゅん
現代詩を歌うユニットDiVaの応援団 DiVaしらかべ応援隊 隊長。
白壁の街で、盛り上がってます♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。