スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DiVaライブ at 倉敷

待ちに待ったDiVaライブ

昨日までにチケットは完売

ひろっさん、unoちゃん、みど、あっちゃん、VIP&かよちゃん

けーちん、MEGU、かなちゃん、あらた、なっちゃん・・・

みんな、買ってくれてありがとう



仕事をそそくさと抜けて帰り、

ちょっとおしゃれしてペニーレーンへ。





お店の手前で、ぶらぶらしてる賢作さんにばったりあってビックリ。

ご挨拶してお店にはいると、お母さんが「打ち上げに来てね」と誘ってくれた。



ここにどうやって40人も入れるんだろうと思っていたけど、

椅子がぎっしりびっしり並んでいた。



今日はこっそり見ようかと思っていたのだけれど、

unoちゃんが席を取っていてくれて、一番前でかぶりつき。

ありがとね。

わくわく



ノリノリで行くつもりが、とってもお行儀のいいお客様がたで、

背後からひたひたと伝わってくる緊張感に、背筋を伸ばして聴き入った。

まこりんの息づかい、賢作さんのタッチの一つ一つまで伝わる席で。



そういえば、私、DiVaのコンサートは行ったことあるけど、

ライブは初めて。

DiVaじゃなくても、ライブ自体が初めてかも

CDだとパーカッションが入ったりギターが入ったりしてて

3人のライブじゃ聴けないのかなと思っていた曲をたくさんやってくれた。

「私たちの星」

「どうしていつも」

「とか」

「Face to Face」

「とおく」

などなど・・・・

ピアノとベースだけで、あるいは、ウクレレと鍵盤ハーモニカで、

あんなに豊かな演奏ができるんだ

大満足



それにしても、やっぱり凄いまこりんの声。

途中、私の後のほうで「すご~い」というため息のようなつぶやきが聞こえてきた。

「どうしていつも」の後だったか、「とか」の後だったか・・・。

隣のunoちゃんも「よく鳴る楽器ですね」と感心してた。

まったくその通り。

実は、スピーカーを通した音は苦手。

以前、チボリ公園で中西圭三のコンサートをスピーカー近くで聴き、

しばらく難聴に苦しんだ苦い経験もある。

が、今日はまったく大丈夫だった

お店の音響ももちろんいいのだろうけど、

どんなに大きな音になってもどこまでも心地よいまこりんの歌。

もちろん、賢作さんのピアノもすばらしかったし、

大坪さんの渋さも素敵



アンコールに2回こたえてくれて、気づくともう10時前だった。

「さようなら」が終わったとき、隣のunoちゃんの目にうっすら涙が見えたのは気のせい?

私も毎回感動する曲です。



あまりに近すぎて写真を撮るのもはばかられ、なかなか撮れなかった。

終盤になって遠慮してフラッシュたかずに撮ったら、全部ピンぼけ



後日、ペニーレーンさんが送ってくださいました。









ライブレポートも載ってます。

ペニーレーン

賢作さんHP
終演後、みんなの写真撮っていたら、自分は撮っていなかった



打ち上げは、隣の居酒屋どんぐりで。



付き出しの写真撮ったら、後はすっかり忘れてた。

まこりんと大坪さんからのリクエストで、「倉敷らしいもの」。

ままかりを焼いて甘酢につけたのと

穴じゃこの天ぷらをおいしいと食べていた。

穴じゃこ(乙島ジャコ)の捕り方を解説したら、残酷と言われました。



打ち上げの後、やっと写真撮影。





次回は倉敷~岡山~津山ツアーに決定。

岡山ツアーのセッティングを頼まれてしまった

皆様、またご協力よろしくお願いいたしますm(__)m
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かじゅん

Author:かじゅん
現代詩を歌うユニットDiVaの応援団 DiVaしらかべ応援隊 隊長。
白壁の街で、盛り上がってます♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。