スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

即興ピアノで朗読を~a prelude to Christmas vol.4

1999_large.jpg 2000_large.jpg
またまた遅ればせながら、
12月5日(土)14:00~ 夢空間(サロン)はしまやで行われた朗読会のレポートです。

私の中学以来のお友達やもりんさんが、
アナウンサーのちひろさんと一緒に行っている朗読会も今回が4回目。

今までなかなか行くことができずにいたのですが、
今回やっと聴くことができました。

即興演奏を得意とするやもりんさんは、
ピアノの先生はもとより、
ピアニスト、作曲者、司会者、アナウンサー、
今年からは大学の先生もして、超多忙な毎日を送っておられます。


会場の「はしまや」さんは、もともと老舗の呉服屋さん。
この日も、母屋の店舗?をのぞくと、きれいな打ち掛けなど飾ってありました。
以前行った「トラットリアはしまや」さんは、向かいにできたイタリアンレストラン。
で、今日行った「夢空間はしまや」は奥にあるギャラリーです。

狭い小路をのぞくとこんな感じ。
1.jpg


奥に見えるのが入り口です。
中に入ってみると、2階席もありました。
2.jpg

ステージは、すっかりクリスマス。
3.jpg

ほどなく、始まりました。
まずはお二人のごあいさつ。
やもりんさんのダジャレ、相変わらずです

4.jpg


最初は、「鬼の涙」という作品。
これが圧巻でした。
総社で小学校の先生をされているBenさんが書かれた学習発表会用の台本を
朗読用に書き直されたそうですが、それは力強い素晴らしい作品でした。

もちろん、ちひろさんの朗読も、
今回はマサハル(愛用のキーボード)を駆使してのやもりんさんのBGMや効果音もすばらしかったのですが、
今でもいつかは物書きを夢見ている私としては、原作の力にものすごく惹かれました
テーマも深いし、描写もすばらしい。
そして、自ら鬼の声で出演されたBenさんは、とってもダンディーな方でした

休憩時間のやもりん、Benさん、ちひろさん。
5.jpg


後半の始まりは、やもりんソロ。
やもりんとは30年以上のおつきあいだけど、
実は彼女のピアノを聴くのはものすごく久しぶり。
で、朗読のBGMの時は、以前とはずいぶん違う印象を受けた。
響きが優しくなったというかなんというか、
たぶんテクニックとかではなく、彼女の心から出てくるようなものを感じた。
ソロの曲は、ゲゲゲの女房でもおなじみ、いきものががりの♪ありがとう。
そして、お得意の即興。
ショパンにひっかけて「食パンの歌」
ちゃんとオチもありましたよ。
で、最後は、先日来倉して話題になったソフィア・ローレンの映画「ひまわり」のテーマ。
♪ひまわりの時は、昔懐かし、やもりんのピアノの音がしてました。

後半の朗読は、クリスマスの定番「賢者の贈り物」
O.ヘンリーは、私が中学生の頃、はやっていた?のか、
この「賢者の贈り物」は英語の教科書に載っていたし、
「最後の一葉」はたしか小学校の?道徳の教科書に載っていた。
なんでも今年は没後100年だとか。
英語の教科書では、ごく簡単にあらすじしか読まなかったけれど、
今日の朗読は、もちろん全文。
少し堅い説明もあったけれど、キリスト教の文化のにじむ作品をしっかり聴かせてもらった。

とても楽しみに一人でのんびり出かけて来たのだけれど、
思っていた以上にステキな時間を過ごすことができた。
やもりん、ちひろさん、ありがとう(^-^)

とってもステキなお土産までいただきました。

7.jpg

ひとつひとつ丁寧にパッキングされた袋の中身は・・・

8.jpg
FMくらしきのやもりんの番組でもおなじみ、管理栄養士のA先生手作りのケーキ。
そして、はるばる島根県は益田市のボンヌ・ママン・ノブさんから届いたフォンダンショコラ。

いや~、サイコーにおいしかったです(^o^)
スポンサーサイト
プロフィール

かじゅん

Author:かじゅん
現代詩を歌うユニットDiVaの応援団 DiVaしらかべ応援隊 隊長。
白壁の街で、盛り上がってます♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。