スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スパニッシュコネクション

行ってきました!
1年ぶりのスパコネライブ。
「新・三銃士」ファンのさっぴを誘って行きました。

速攻で帰るつもりが、職場を出損ねて、
家に着いたら6時半前
超特急で手抜きご飯を作り、シャワーを浴びて家を出たのが7時15分。
駅から走って、店に飛び込んだのは、7時31分でした!

「そろそろ(お客様)全員揃いましたかね・・・」とのまゆみさんのことばに
間もなくライブがスタート。
え?私待ちだった?

昨年のメンバーに加えて、今年はパーカッションのかっこいいお姉さんもいましたよ。
最初の曲は
♪熱い砂
「暑いっすな~」と言う去年聞いたギャグはありませんでしたが、
これを聞くと、始まったな~という気分。

長い長いメンバー紹介は、これでもかと吉見さんをいじりまくって大爆笑。

そして、
♪禁じられた遊び

このころやっと、私の息も整い、汗も引いてきましたf;^-^)
落ち着いて会場を見回すと、いつもにも増して、年齢層の高いこと
私たちがかなり若いほうって、どうなんだろ

♪アトスのファルーカ

♪カルメンのハバネラ
Vn大活躍でかっこよかった。
途中、チャールダッシュのフレーズが出てきてしびれました

休憩をはさんで後半。

♪三銃士のテーマ
「これを聴きにきたんよ」とさっぴ。

つづいてはパーカッションソロ。
これが大迫力&大コーフン
1_20110925203618.jpg

たたいているのはカホンという打楽器。
これです。

4_20110925203617.jpg

響き線が入っていて、すごくいい音でした。

そして・・・

2_20110925203618.jpg

アメリカンクラッカー(若い人は知らないよな~)みたいなアサラトという楽器で演奏。
見事に振り回して演奏されてました

続いては、吉見さんのタブラが大活躍の
♪チグリス(かな?)
インドとギリシャの融合がテーマ・・・だっけ?
こちらがタブラです。
3_convert_20110925204300.jpg

皮の張り具合を調整することで音程を変えているそう。
サブリミナル効果も笑えました。

♪イーストウエスト

♪恋のアランフェス

鳴りやまない大拍手に答えて(お約束?)のアンコールは
♪007のテーマ

さらにアンコール。
♪リベルタンゴ

supakone2.jpg

ライブ会場限定CD、今回も買っちゃいました!

もちろん、サインもいただきました!





スポンサーサイト

ポルトガルギターと日本の出会い

・・・というコンサートに行ってきた。

去年からお世話になっているオペラプラザ関連の催し。
本当は私も合唱ででるべきだったのだが、年度始めの慌ただしさに今回ばかりはご勘弁。
運営や連絡に忙しいチカちゃんが歌ってまでもいるのに、申し訳ない・・・

ギリギリまで行くかどうか迷っていたのだけれど、
定時過ぎに職場を出られたので、会場に向かった。

来日したギタリストは、かなりの巨匠らしい。
以前から決まっていた公演なのだが、
かの大震災の翌日=オペラ「魔笛」本番の前日に、
今回の公演をキャンセルしたいという連絡が入ったそうだ。
本人ではなく、ポルトガルの政府や後援団体の意向で。
それを、エドちゃんが何とか説得し、
3人のギタリストはすべてノーギャラ、収益はすべて義捐金にする、ということで
来日が実現したそうだ。

今日の会場は、シンフォニーホールのイベントホール。
100人ほどしか入れないが、そういう事情の中、ぜひ満席でお迎えしたいと
事務局のチカちゃんも最後まで宣伝活動に奮闘されていた。
直前に、テレビ・ラジオ・山陽新聞などで取り上げられたこともあり、
開演してみるとほぼ満席に近い状態だった。

何かできることは・・・と申し出ると、写真係を仰せつかった。
はい、がんばります!

さて、演奏。

ギターの演奏は、それはそれはすばらしかった。
P4190316_convert_20110507205553.jpg
若い2人のデュオ。
巨匠を加えてのトリオ。
アコースティックな音って、どうしてあんなに素敵なんだろう。
心も体も解き放たれたような気がした・・・途中、眠ってしまうほどf;^-^)

P4190328_convert_20110507205508.jpg
ギター伴奏での歌曲も、初めて聴いたけれど、なかなか素敵。
「さくら横丁」はピアノ伴奏よりいいかもね、とnorikoさんと話した。

P4190352_convert_20110507205346.jpg
みんなが合唱で出た楽曲も、
こないだ私が参加した練習のときとは見違える出来だった
先週の練習、がんばったんだろうな。

終演後、ポルトガルワインをいただく というおまけもあった。
赤・白・ロゼ・・・大盤振る舞いの大サービス。
実はこれを楽しみに来られた方も多かったよう。
P4190456_convert_20110507205315.jpg
豪勢なおつまみは、歌声喫茶のママさんの手作り。もちろん、大好評!
私はワインは飲めなかったけれど、ママさんが用意してくれた紅茶をおいしくいただきました。


二人のギタリストは、ジーンズに着替えると、思っていたよりずっと若く
なかなかのイケメンでした
P4190470_convert_20110507205145.jpg





パンフルート

「魔笛」でご一緒したパンフルート奏者今井さんのコンサートに行ってきました。

会場の八角園舎は、いつもオペラの練習をしている岡輝公民館のすぐとなり、
県立図書館の敷地内にあります。
2260_large.jpg

とっても素敵な建物は、県と国の重要文化財だそう。
2261_large.jpg

初めて行きました。

ちょっと遅れてしまって、既にコンサートは始まっていたのですが・・・
温かいパンフルートの調べと、すばらしいホールの響きにいきなりひきこまれました。

2262_large.jpg

モノスタトスこと今井さんの絶妙のMCが冴え渡り・・・
2263_large.jpg

おもしろいやら感動するやら。
お客様も歌好きの方がいっぱいで、
童謡・唱歌、歌謡曲にトトロからドラえもんまで、
たくさんの曲をパンフルートと一緒に口ずさみました。

♪「川の流れのように」で涙があふれそうになった私。

アンコールの♪「ありがとう」を吹き終えた今井さんは、めがねを外して涙を拭かれました。

すばらしいひととき。
行ってよかった。
また聴きたい音色の一つです。

今日は、東日本大震災のチャリティーコンサート。
会場には、日赤岡山支部の支援活動の様子などのパネルが展示されていました。
2264_large.jpg

2265_large.jpg


被災地での演奏も計画中という今井さん。
実現したら、あちらでも多くの方々の心を勇気づけることでしょう。

今井さんのホームページはこちらをどうぞ。

即興ピアノで朗読を~a prelude to Christmas vol.4

1999_large.jpg 2000_large.jpg
またまた遅ればせながら、
12月5日(土)14:00~ 夢空間(サロン)はしまやで行われた朗読会のレポートです。

私の中学以来のお友達やもりんさんが、
アナウンサーのちひろさんと一緒に行っている朗読会も今回が4回目。

今までなかなか行くことができずにいたのですが、
今回やっと聴くことができました。

即興演奏を得意とするやもりんさんは、
ピアノの先生はもとより、
ピアニスト、作曲者、司会者、アナウンサー、
今年からは大学の先生もして、超多忙な毎日を送っておられます。


会場の「はしまや」さんは、もともと老舗の呉服屋さん。
この日も、母屋の店舗?をのぞくと、きれいな打ち掛けなど飾ってありました。
以前行った「トラットリアはしまや」さんは、向かいにできたイタリアンレストラン。
で、今日行った「夢空間はしまや」は奥にあるギャラリーです。

狭い小路をのぞくとこんな感じ。
1.jpg


奥に見えるのが入り口です。
中に入ってみると、2階席もありました。
2.jpg

ステージは、すっかりクリスマス。
3.jpg

ほどなく、始まりました。
まずはお二人のごあいさつ。
やもりんさんのダジャレ、相変わらずです

4.jpg


最初は、「鬼の涙」という作品。
これが圧巻でした。
総社で小学校の先生をされているBenさんが書かれた学習発表会用の台本を
朗読用に書き直されたそうですが、それは力強い素晴らしい作品でした。

もちろん、ちひろさんの朗読も、
今回はマサハル(愛用のキーボード)を駆使してのやもりんさんのBGMや効果音もすばらしかったのですが、
今でもいつかは物書きを夢見ている私としては、原作の力にものすごく惹かれました
テーマも深いし、描写もすばらしい。
そして、自ら鬼の声で出演されたBenさんは、とってもダンディーな方でした

休憩時間のやもりん、Benさん、ちひろさん。
5.jpg


後半の始まりは、やもりんソロ。
やもりんとは30年以上のおつきあいだけど、
実は彼女のピアノを聴くのはものすごく久しぶり。
で、朗読のBGMの時は、以前とはずいぶん違う印象を受けた。
響きが優しくなったというかなんというか、
たぶんテクニックとかではなく、彼女の心から出てくるようなものを感じた。
ソロの曲は、ゲゲゲの女房でもおなじみ、いきものががりの♪ありがとう。
そして、お得意の即興。
ショパンにひっかけて「食パンの歌」
ちゃんとオチもありましたよ。
で、最後は、先日来倉して話題になったソフィア・ローレンの映画「ひまわり」のテーマ。
♪ひまわりの時は、昔懐かし、やもりんのピアノの音がしてました。

後半の朗読は、クリスマスの定番「賢者の贈り物」
O.ヘンリーは、私が中学生の頃、はやっていた?のか、
この「賢者の贈り物」は英語の教科書に載っていたし、
「最後の一葉」はたしか小学校の?道徳の教科書に載っていた。
なんでも今年は没後100年だとか。
英語の教科書では、ごく簡単にあらすじしか読まなかったけれど、
今日の朗読は、もちろん全文。
少し堅い説明もあったけれど、キリスト教の文化のにじむ作品をしっかり聴かせてもらった。

とても楽しみに一人でのんびり出かけて来たのだけれど、
思っていた以上にステキな時間を過ごすことができた。
やもりん、ちひろさん、ありがとう(^-^)

とってもステキなお土産までいただきました。

7.jpg

ひとつひとつ丁寧にパッキングされた袋の中身は・・・

8.jpg
FMくらしきのやもりんの番組でもおなじみ、管理栄養士のA先生手作りのケーキ。
そして、はるばる島根県は益田市のボンヌ・ママン・ノブさんから届いたフォンダンショコラ。

いや~、サイコーにおいしかったです(^o^)

スパニッシュコネクション

この春、NHK教育テレビではじまった人形劇「新・三銃士」。

脚本が三谷幸喜なので、気になってけっこう見ていた。

で、そのサントラがなかなか素敵で気に入っていたのだが・・・

春のDiVaライブで、ペニーレーンに行ったとき、

そのサントラの演奏者であるスパニッシュ・コネクションというバンドのライブがあることを知った。

スパニッシュコネクションのHPはこちら



でも直前まで予定がたたず、やっと思い切って電話をしたときにはすでにチケットは完売



DiVaのライブの準備をしていて、9月にまた来ることを知り、今度は早めに予約した

1人で行く勇気はなかったので、ラモス監督を誘いました。



行ってきましたよ~









体育の先生?みたいな、スポーティーなスタイルのお客さんが入ってきた?と思ったら・・・

なんと出演者、ベースの方でした



演奏曲を忘れないうちに



 ♪熱い砂

 ♪禁じられた遊び

 ♪・・・1曲どうしてもわからない

 ♪予期せぬ出来事

 ♪リベルタンゴ

  〈休憩〉

 ♪愛の剣(ダルタニアンと三銃士のテーマ)

 ♪アトスのファルーカ 〈アトスのテーマ〉

 ♪謀略のラビリンス (リシュリュー枢機卿のテーマ)

 ♪やわらかきその手に(アンヌ王妃のテーマ)

 ♪The whisper behind the mask (ロシュフォールのテーマ)

 ♪鳥の歌

 ♪恋のアランフェス

 〈アンコール〉

 ♪007ジェームス・ポンドのテーマ

 ♪愛の剣



いや~、楽しかった

恐ろしい早さで動くギタリストの指、

美しくも迫力あるヴァイオリン・・・すごかった

あっという間の2時間でした



ライブ終了後、楽器を



たったこれだけの打楽器で、ものすごくたくさんの奥深い音を出してました。

怪しい声?(笑)が素敵でした。



ベースはこんなの。





スパニッシュギター(フラメンコギター?)





ヴァイオリンはさすがに置いてありませんでした。

弓の毛が切れるのを初めて見たぞ!



ツアーのCDを買って、サインをしてもらいました




ヴァイオリニストの平松加奈さんのブログにさっそく載ってました。
プロフィール

かじゅん

Author:かじゅん
現代詩を歌うユニットDiVaの応援団 DiVaしらかべ応援隊 隊長。
白壁の街で、盛り上がってます♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。